1.家スロって何? ~これから始める家スロ導入~

家スロの始め方
スポンサーリンク

家スロとは、パチンコ店にあるスロットの実機を自宅に置いて、自宅でスロットを楽しむことです。

この記事では、家スロについて概要をまとめていきます。

家スロのメリット

好きなだけ打ち込める!

なんといっても、最大のメリットはこれに尽きます。

普通にスロットを楽しもうとすれば、パチンコ屋さんに足を運んでお金を使って楽しむことになります。

打ちたい機種が人気機種で、お店が毎日設定6を使ってくれるような場合なら何も問題はありませんが、実際そんなことはほとんどないでしょう。

自分は大好きなのに人気がない機種で、どこのお店にも置いてない…。
あってもバラエティコーナーにぽつんと置いてあるだけで、設定なんて全く期待できない…。

そうなってくると、パチンコ屋さんで好きな台を楽しもうと思ったらいくらお金があっても足りません。

しかし自宅にあれば、お金を気にせず何万回転でも何十万回転でも回すことができます。

今では携帯電話連動サービスがついている機種も多くなってきました。サミー系ならマイスロ、ユニバーサル系ならユニメモ、山佐系ならスロットプラスなどです。

携帯電話連動サービスには、ほとんどの機種にミッションが設定されています。何千回転プレイした、ボーナスを何回引いた、などです。

これらのミッションを進めるのにも、家スロは最大の効果を発揮します。


私が持っている家スロ、家スロを始めたきっかけなどを書いた記事もあります。

よろしければご覧ください。

台自体をカスタムできる!

例えば、スロット台には”ウェイト”というものがあります。

レバーを叩いてリールが始動してから、次にレバーを叩いてリールが始動するまでにかかる時間のことです。

これによって一定時間で回せる回転数に上限を設け、回転数を抑えることによって勝ち過ぎないように、負けすぎないようにされています。

そんなウェイトを、家スロでは、一部機種に限りますが撤廃することができます。

ゲームセンターにあるスロット台でも同じようにウェイトが撤廃されていることもありますね。

他にもコインを使わずに回せるようにしたり、元々台に設定されている音量調節機能を上回る音量調節ができるようにすることもできます。

遊戯環境を自由にできる!

パチンコ屋さんに行って、こんなことを思ったことはありませんか?

  • 店で打ってると体が痛くなる…
  • 店内放送がうるさい…
  • 隣の人が鬱陶しい…
  • 知らない人がじっと見てくる…

これらの問題は、自宅なので気にする必要がなくなります。

椅子やスロット台を置く場所を自分で選ぶことで体が痛くならない環境に出来ます。

自宅なので店内放送はありません。

自宅なので隣に知らない人は座りません。

自宅なので知らない人がじっと見つめてきたりもしません。

他にも、携帯を充電したり、好きな飲み物を用意したり、近くに机を置いてノートパソコンなどを用意することで他の作業をしながらスロットを楽しんだり、自宅でできることは何でもできます。

好きな設定を選べる!

家スロでは、ほぼ間違いなくスロット台の設定キーも持っているはずなので、台の設定も好きに選ぶことができます。

この台は設定5や6だとどんな挙動するんだろう?

・この携帯連動サービスのミッション、6だと逆にクリアできないから1を打たなきゃいけないけどお店で打つのは嫌だ

・この台設定3が一番爆発力あるんだけど、お店では設定3を使ってないから体験してみたい!

最近は調べれば挙動についての記事も出てきたりもしますが、例えばRe:ゼロの設定5なんかはあまり使わないお店が多いのではないでしょうか。

456確定は出たけど246確定は出てない…じゃあ設定5だったのかな、なんて思いますが、結局設定5確定演出なんてものはないのでどの設定だったかはわかりません。
(まぁ設定4,6は大体246も出ますが)

携帯連動サービスの中には”通常時1000ハマリでボーナス”のようなミッションもあります。

設定6だと達成できないけど、お店で達成しようとするといくらかかるか・・・。

政宗2は、秀吉決戦突入率が低い代わりに、突入した場合の継続率が50%と80%が1対1で選ばれる設定3があります。

秀吉決戦の継続率が80%ということは、超秀吉にも突入しやすいということ。つまり一撃性が高い設定です。

ただ政宗の設定3を使ってる店もあまりないのではないでしょうか。設定3が確定する状況もあまりないでしょうし。

これらの欲求を、家スロなら満たせます。

家スロのデメリット

お金は増えない

もちろん家スロにもデメリットはあります。

家スロでは、万枚出ようが二万枚出ようが、景品にもお金にもなりません

スロットを打ちたい人にとって、これが一番デメリットになるのではないかと思います。

スロットを楽しみたいという人には最適な家スロですが、ギャンブルがしたいという理由でスロットを打つ人にとっては、家スロをするメリットはありません。

スロットは意外とうるさい

パチンコ屋さんで打ってるときはそんなに気にならないと思いますが、これが静かな自宅で打つとなると意外と音量が大きく、下手すると近所迷惑にもなります。

台の音量だけでなく、リールが回る音や、台によってはウーファーが鳴ったりしても振動が響いたりします。

特にマンションやアパートにお住いの方は要注意です。隣や下の階に音や振動が伝わります

とはいえ対策の取りようはあるので、ちゃんと対策すればそこまで問題にはならないかと思います。

台はとても重い

重いです。スロット台はとても重いです。

シンプルで軽そうなジャグラーシリーズですら台の重さは30Kgあります。

それに液晶がついたりウーファーなどおまけがついたり、最近の台は出玉で魅せることができないので演出で魅せるために、どんどん重くなっていく傾向にあります。(パチンコでもそうです)

スロットで一番重いと言われている、オリンピアのアタックビジョン搭載の筐体では、台の重さは50Kgにもなります。

普段から鍛えてない人はちゃんと台車などを使い、家の1階の部屋に設置しましょう。絶対に体を痛めます。

まとめ

家スロは、純粋にスロットが好きな人にとっては、とても有意義なものになると思います。

好きな台を好きなように打ちたいけど、負けるのが嫌だという人は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

次は、家スロを始めるための準備をしましょう。
家スロを始めるために、何が必要なのか、何に気を付けなければいけないのかを説明します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました