【ツインPARTY】現状の解析値で設定判別をするのに重要な要素を考察

解析、考察
スポンサーリンク

ようやく解析が出揃ってきたので、設定判別をする上で何を重視すればよいか、考えてみます。

なお、見ればわかる確定系は今回は割愛します。

※ 本記事は、2021/11/8時点の情報で作成しています。

基本スペック

ボーナス確率と各初当たり

設定ハイパーBIGBIGMB合算
11/163841/324.41/537.21/199.8
21/163841/309.11/528.51/192.8
31/163841/295.21/520.11/186.2
41/163841/282.51/512.01/180.0
51/163841/270.81/504.11/174.3
61/163841/260.11/496.51/168.9
設定チャンスチェリーAC DT 機械割
11/199.81/192.61/496.197.9%
21/199.81/193.41/444.199.8%
31/199.81/179.01/437.9101.4%
41/199.81/179.81/364.3106.1%
51/199.81/162.81/361.1108.1%
61/199.81/167.11/306.0111.2%

※ AC … エンジェルチャンス
※ DT … デートタイム


特定ボーナス

ツインシリーズと言ったら特定ボーナス。過去作のどれにおいても重要でしたね。

特定ボーナス確率

設定チェリー+赤チャンス目B+青カバン+BARチャンス目A+MB
11/8192.01/1985.91/3276.81/2184.5
21/6553.01/1771.21/2730.71/2048.0
31/5461.31/1598.41/2340.61/1927.5
41/4681.11/1456.41/2048.01/1820.4
51/4096.01/1337.51/1820.41/1724.6
61/3640.91/1236.51/1638.41/1638.4

過去作と違い、カバン重複のBARBIGよりもチェリー重複の赤BIGのほうが重く、設定差も大きいです。

今まではカバン重複の特定ボーナスが一番重く設定差も大きかったので、これには私も驚きました。

ちなみに、私が判別するときはチャンス目A+MBが引けているかどうかは気にしていません。気にするような設定差ではないと思っているからです。

設定1と設定6での差は約1.33倍。この分母でこの程度の差しかないのであれば、カウントしなくてもいいでしょう。

特定ボーナスのBIG3種のみを合算した数値は以下の通りです。

特定ボーナスBIG3種の合算

設定確率
11/1074.3
21/923.0
31/809.1
41/720.2
51/648.9
61/590.4

※ 小数点第2を四捨五入

エンジェルチャンス関連

エンジェルチャンス非当選のMB、エンジェルチャンス、デートタイム終了画面でのサブ液晶タッチ時に発生するボイスに設定差があります。

終了ボイス振り分け

設定
151.56%42.19%6.25%
241.84%51.13%6.25%0.78%
351.13%41.84%6.25%0.78%
436.97%45.19%16.67%0.78%0.39%
545.19%36.97%16.67%0.78%0.39%
640.89%40.89%16.67%0.78%0.39%0.39%

① … 奇数示唆
② … 偶数示唆
③ … 高設定(設定456)示唆
④ … 設定2以上確定
⑤ … 設定4以上確定
⑥ … 設定6確定

高設定示唆が思ったよりも高設定示唆していました。

ボイス③が引けているかどうかが押し引きの一つになりそうです。

そして設定6は奇数と偶数の振り分けが1:1です。多少奇数に寄ってるとか偶数に寄ってる程度では、6の可能性は消えないということですね。

エンジェルチャンス関連

CZ成功後エンジェルチャンス振り分け

設定30G (通常)100G (EX)
199.2%0.8%
299.2%0.8%
398.3%1.7%
497.9%2.1%
596.7%3.3%
696.3%3.8%

MB後エンジェルチャンス当選率

設定30G (通常)100G (EX)合算
124.6%0.4%25.0%
224.6%0.4%25.0%
326.3%1.3%27.5%
431.7%1.7%33.3%
532.5%2.5%35.0%
633.3%3.3%36.7%

エンジェルチャンスEXは意外と引けなさそうな感じですね。思ったより振り分けは少なかった。

とはいえ1回確認できればそこそこ設定1,2は否定できそうな感じなので引けたら「おっ」ってなります。まぁ、私はもう通常時MB10回は引いてるのに一度もエンジェルチャンスに当選したことないんですが。

なお、BIGからのエンジェルチャンスEX当選率は解析が出ていません。設定差がないのか、まだ出てないだけなのか…そこは不明です。

デートタイム直撃ボーナス

デートタイム直撃出現率

設定確率
11/3263.2
21/1826.5
31/2603.3
41/1235.1
51/1737.2
61/928.9

解析で出ている直撃確率ですが、単純にこの数字をそのまま鵜呑みにするわけにはいきません。

なぜなら、BIG後やAT終了後などの有利区間リセット後(設定変更後含む?)に突入する、デートタイム直撃高確率ゾーンでボーナス(チャンスチェリー含む)を引くことも含めた数字だからです。

つまり設定6だとしても、1回も直撃高確率ゾーンでボーナスを引けなければ直撃確率は悪化するでしょう。

実践上、直撃高確率ゾーンでボーナスを引けばほぼ直撃する…みたいな感じではなさそうなので、とりあえず直撃自体は推測要素として数えていいとは思います。

CZ成功率

CZ成功率

設定確率
137.1%
237.4%
338.6%
439.4%
543.3%
644.4%

正直、私は現状CZ成功率もあまり気にしていません。突破するに越したことはありませんが、「何が理由で」突破しやすいのかがまだはっきりしていないからです。

考えられるのは、

① 高設定ほど低レベルでも突破しやすい
② 高設定ほど押し順ベルのナビが出にくく、取りこぼしやすい→レベルが上がりやすい
③ ベル4回入賞後の押し順正解で突破に何かある?

のどれかだとは思いますが、具体的な数字がはっきりするわけでもないので、気にしても仕方がないと考えます。

まとめ

現状、私は以下の優先順位で設定判別を行っています。

① 特定ボーナスが引けているか
② 終了ボイスの高設定示唆が出ているか
③ 直撃、エンジェルチャンスEX

①は、チェリー+赤が1回でも引ければしばらく粘ります。カバン+BARも早い段階で1回でも引ければ粘ります。

②は、高設定示唆が出ているのであれば設定4以上が期待でき、設定4でも機械割が106%あるのでほぼやめる理由がなくなります。逆に、7、8回聞いて高設定示唆が出なければやめ時を考え始めます。

終わりに

ツインPARTYも、ちゃんと判別しようとすれば時間がかかる台です。

確定が出てしまえば楽ですが、特定ボーナスが引けるかどうか見るためにもサンプルゲーム数が必要になり、終了ボイスを聞くためにも初当たりを取る必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました