【まどか叛逆】設定の上下、4と5と6の判別の仕方

解析、考察
スポンサーリンク

設定6なら安定するけど、設定5以下はなかなかきつい展開になりやすいまどか叛逆。

出始めのころは設定5のホール割が103%しかない、なんて話もありました。今はどうなんでしょうね。

今回はそんなまどか叛逆の、私がやっている設定上下の判別、設定4と5と6の判別方法を紹介します。

意外と役に立たない設定差

意外と判別の役に立ちづらい設定差を紹介します。

スイカからのCZ突入率

設定突入率
114.8%
216.4%
317.2%
418.0%
520.3%
625.0%

さて、意外と設定差があるように見えますよね。ですが気を付けてください、こう見えて、設定6以外は設定差は大きくありません。

引けてるなら悪いことではありませんが、これだけで設定を判別できるものではありません。

次にチャンスモード突入率です。

有利区間開始時のモード移行率

設定通常チャンス悪魔
187.1%12.5%0.4%
283.2%16.4%0.4%
383.2%16.4%0.4%
479.3%20.3%0.4%
579.3%20.3%0.4%
674.6%25.0%0.4%

こちらは設定2から設定5までの数値に大きな差はありません。設定6だけ突出して良く、設定1だけ突出して悪い、そんな数字です。

実際のところ、チャンスモードやスイカCZが引けていても「6かも?」ではなく「1ではなさそう」くらいの気持ちでいたほうがいいと思います。

当選ゲーム数振り分け

ここからは、私がよく気にしている要素です。まずはモードごとのゲーム数解除の振り分けです。

通常モードゲーム数振り分け

設定0~100~200~300~400~500~600~
117.2%0%31.2%0%26.6%0%25.0%
221.9%0%31.2%0%25.0%0%21.9%
321.9%0%31.2%0%25.0%0%21.9%
421.9%0%31.2%0%25.0%0%21.9%
522.6%0.8%31.2%0.8%25.0%0.8%18.8%
625.8%0.8%31.2%0.8%25.0%0.8%15.6%

チャンスモードゲーム数振り分け

設定0~100~200~300~400~500~600~
111.7%16.5%3.1%20.3%3.1%20.3%25.0%
215.6%20.3%3.1%18.0%3.1%18.0%21.9%
315.6%20.3%3.1%18.0%3.1%18.0%21.9%
415.6%20.3%3.1%18.0%3.1%18.0%21.9%
518.0%21.8%3.1%17.6%3.1%17.6%18.8%
623.5%23.5%3.1%15.6%3.1%15.6%15.6%

通常モードでは設定6だけ突出していますが、設定5以下は実はそんなに設定差はありません。

400ゲーム以上の振り分けが、設定6でも通常モードで約40%、チャンスモードでも約30%あります。CZやレア役で当たらなければ6でも意外とハマります。

そして意外と知られていないのが、チャンスモードのゾーンでゲーム数解除してチャンスモードでなければ、設定56が確定するという点。これは見逃さないようにしましょう。ただし強チェリー、チャンス目を引いていないことが条件です。どちらで当たったのかわからなくなりますからね。

終了ボイス

マギカチャレンジ終了時のボイスです。上下の判別、4と5と6の判別において、私はこれを一番重視しています。というかこれを書きたかったために記事にしました。

それぞれのボイスは、全文載せると長くなるので省略します。

① チーズ
② しー
③ 円環
④ まどかの本当の力と記憶
⑤ 未来には希望
⑥ 訳が分からないよ
⑦ 今の私は魔なるもの

マギカチャンレジ終了時のボイス振り分け

設定
144.0%44.0%8.0%4.0%
234.5%45.0%16.5%4.0%
350.0%38.0%8.0%4.0%
425.5%46.4%16.5%10.0%1.6%
560.0%20.2%8.0%10.0%1.6%0.2%
620.3%50.0%16.5%10.0%1.6%0.8%0.8%

ボイス⑤以降は設定が確定するので、省略します。見ればわかりますもんね。

大事なのは①から④までの内容です。

1.ボイス①と②の偏り

高設定ほど、ボイス①と②は片方に偏るようにできています。これが1対1に近い数字で出てきてしまうと、設定4以上の期待度が怪しくなってしまいます。

設定比率
144.0%44.0%1 : 1
234.5%45.0%1 : 1.3
350.0%38.0%1.31 : 1
425.5%46.4%1 : 1.82
560.0%20.2%3 : 1
620.3%50.0%1 : 2.46

2.ボイス③が出ているか

ボイス③は偶数示唆(強)です。奇数偶数を見るには、②よりも③のほうが大事です。

そして1.で紹介したように、高設定ほどボイス①と②は偏るようになっています。なのでボイス①と②の差はあまりなく、ボイス③も出るようであれば低設定の偶数、設定2ではないかという推測が成り立ちます。

3.ボイス④が出ているか

これも見た通りですが、ボイス④が出てくれないと設定456の期待度が怪しくなります。それでも10%なので引けないときは引けませんが、15回くらいボイスを聞いたら1回は出てほしいところです。

終了ボイスについて色々書きましたが、最後に台無しなことを言うと、結局サンプルを取らなければ判別は出来ません。ボーナス2回で設定を看破するなんてことは出来ないということですね。

まぁ私がまどか叛逆を打つときは設定6一点狙いなので、ボーナス2回引いてボイス①が2回とかだったら余裕で捨てます。全台設定56とかなら我慢して打つかもしれませんが、単品狙いなら設定5を視野に入れません。下を打たされる可能性が高いからです。

AT直撃

マギカラッシュ直撃確率

設定確率
11/9627.6
21/4939.8
31/2516.9
41/2046.0
51/1740.8
61/1214.3

AT直撃は、通常時のハズレで抽選しています。CZやボーナス、AT直撃の本前兆中はハズレでも抽選していません。

この直撃もまた曲者で、お店の状況にもよりますが1回引いただけではまだ「1ではなさそう」くらいの価値しかありません。

例えば、全台設定2のまどか叛逆が5台あったとします。それぞれ通常時1000回転回したとすると、どれかが1回直撃する程度の確率です。

私の行く店の1つは設定3を使ってくる店なので、直撃に踊らされることもよくあります。

全台系を探すときなんかは、まどか叛逆全台の通常時回転数を見て、トータルのAT直撃出現率を見たほうがいいかと思います。

終わりに

あまり深く考えずつらつらと私が判別に使っている内容を書き連ねました。

推定設定4や5を粘るかどうかは人によると思いますが、私は全台系でなければ捨てます。そんな人間の判別方法ですが、誰かの役に立てば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました