2.家スロを始めるには? ~実機購入前の準備~

家スロの始め方
スポンサーリンク

スロットの実機を買う前に、まずは準備をしましょう。

設置場所を決める

まずは、自宅のどこにスロット台を設置するかを決めましょう。
設置場所を決める際のポイントは、以下のとおりです。

電源が取れる位置を確認する

電源が供給されなければスロット台はただのでかい置物です。

電源コードの長さもそんなに長くはないので、コンセントのすぐ隣くらいの場所に置ければベストですね。

コンセントの近くが用意できない場合は、延長コードや電源タップの利用を検討しましょう。

また、後述するデータカウンターによってはスロット台本体とは別に電源を必要とするので、コンセントが二つ取れるように調節しましょう。

スロット台のサイズが収まるかを確認する

パチンコ屋さんで見慣れているかもしれませんが、スロット台は意外と大きいです。

具体的には、高さ約81cm / 横幅約48cm / 奥行き約35cm です。

実際にメジャーで測ってみましょう。思っていたよりも大きいのではないでしょうか?

スロット台を置きたい場所がある程度決まっているのであれば、あらかじめメジャーで確認し、収まるかどうかを見ておきましょう。

また、スロット台に限った話ではありませんが、物を配置したい場合はスペースギリギリを攻めるのはやめておきましょう。収まらなかったときにものすごくガッカリします。

ご近所さんの迷惑にならないかを確認する

パチンコ屋さんではあまり気になりませんが、スロット台は控えめに言って騒音の塊です。

中でも演出に伴う音や振動がとても響きます。激熱演出なんてパチンコ屋さんで打っててもびっくりするほどの音量が出ることもあります。

マンションやアパートにお住まいの方は特に気にしましょう。最低限、壁一枚挟んですぐお隣さん、みたいな場所には置かないのが吉です。

とはいえ、この辺りは後々対策が登場しますのでそちらを参考にしてください。

設置する機種を決める

打ちたい機種を決めよう!

これは簡単ですね。打ちたい機種を決めましょう。

  • この機種が大好きだから!
  • この機種の設定〇の挙動が知りたいから!
  • マイスロ、ユニメモなどの携帯連動サービスを楽しみたいから!
  • もうお店では打てない古い台を打ちたいから!

こんな理由でいいんです。好きな台を選びましょう。

周辺機器を決める

スロット台本体だけでは、楽しむうえで少々味気ないですね。

好きな機種をより楽しめるように周辺機器を検討しましょう。

データカウンター

その台の総回転数、大当たり回数、大当たり履歴などを表示してくれる機械です。
スロッターなら誰でも知っていますね。
家スロでも、データカウンターがあるかどうかで「スロットを打ってる」という気分が変わります。

パチンコ店で打つ場合はともかく、家スロでは色んなデータカウンターがあります。
お店にあるようなものからコンパクトでシンプルなもの、スマホアプリと連携してスマホで確認できるものまであります。

また、「電源が取れる位置を確認する」でも述べたようにデータカウンターも大体電源を必要とします。スロット本体とは別に必要なので、後でコンセントが確保できないなんてことにならないように注意しましょう。

パチンコ店の雰囲気で打ちたいか、ただデータが確認できればいいかなどで、どのデータカウンターを使うかを決めるといいでしょう。

コイン不要機

文字通り、コインが無くてもスロットが打てるようにするための装置です。
最近は大体どこの中古パチスロ機販売店で買っても取り付けてくれると思います。

逆に、「ちゃんとメダルを使って打ちたいんだ!」という人もいるかと思います。
その場合は、購入の申し込み時にコイン不要機を付けずに購入することも可能です。

ただし、メダルの音というのは思っているより響きます。
ホッパーからメダルが払い出される時やうっかり床に落としてしまったときの音は自宅だと特に大きく聞こえるのです。
パチンコ店でも、メダルを詰めた箱をうっかり落としてしまった時などは周りの人がみんな振り返るくらいの音がします。

私としてはコイン不要機を付けるか、コインを使うか不要かを選択できるようになる装置もあるのでそちらを導入することをおすすめします。

音量調節、イヤホンコンバーター

スロット台からは、大音量が流れるパチンコ店でもはっきり聞こえるほどの音が流れます。
最近では音量調節ができるスロット台も増えていますが、最小音量にしても自宅ではとても大きく聞こえます。

そのために取り付けるのが無段階で音量調節できる装置や、イヤホンで楽しめるようになるイヤホンコンバーターです。

マンションやアパートにお住いの方は特にそうですが、一軒家の方でも夜間にスロットを楽しもうとすると音量が気になることかと思います。
日本の土地は狭くて、お隣さんとの間隔があまり開いてないお宅も多いですからね。

別に音は必須じゃないという方は無段階で設置できる装置、夜でも音も含めて楽しみたいという方はイヤホンコンバータを検討すると良いかと思います。

ご家族の同意を得る

これも大事です。一人暮らしの方なら気になりませんが、同居されている方がいる場合は、スロット台を買うことについて同意を得ておきましょう。

改めて言いますが、スロット台は騒音の塊です。
隣の部屋程度なら音も振動も筒抜けになります。
音と振動対策を取るのは当然として、スロット台を買うこと、迷惑にならないように楽しむことをちゃんと同居されている方に話して同意を得たうえで購入しましょう。

まとめ

よほどの最新台や人気台でなければ数万円で買えるとはいえ、サイズ的にも金額的にもスロット台は小さな買い物ではありません。
買った後に後悔しないように、準備の段階で家スロを楽しむまでの道筋をイメージしておきましょう。

次は、ついに実機を購入しましょう。
中古販売サイトの選び方も併せて解説します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました