【ひぐらし祭2】小役確率、ボーナス確率、機械割、キャラ紹介、設定差まとめ。独自算出の数字付き!

解析、考察
スポンサーリンク

[2021/1/24 追記] BIG中の1回目のビタ押し一枚絵と、運命分岐中について追記しました。

[2021/3/5 追記] BIG終了画面について追記しました。

ひぐらし祭2の解析が色々出てきたので、ここにまとめます。

噂通り、富竹ボーナス中のキャラ紹介でやはり設定6確定演出がありましたね。

ボーナス確率、機械割

オヤシロボーナス(同色BIG)確率です。当選契機は考慮せず、トータルの当選確率です。

設定赤同色白同色同色合算
11/2978.91/3120.81/1524.1
21/2978.91/3120.81/1524.1
31/2978.91/3120.81/1524.1
41/2978.91/3120.81/1524.1
51/2849.41/2849.41/1424.7
61/2730.71/2849.41/1394.4

ひぐらしボーナス(異色BIG)確率です。当選契機は考慮せず、トータルの当選確率です。

設定赤赤白白白赤異色合算同色+異色合算
11/1024.01/963.81/496.51/374.5
21/1008.21/936.21/485.51/368.2
31/978.11/897.81/468.11/358.1
41/949.81/851.11/448.91/346.8
51/936.21/851.11/445.81/339.6
61/923.01/840.21/439.81/334.4

富竹ボーナス(REG)確率です。当選契機は考慮せず、トータルの当選確率です。

設定赤赤青白白青REG合算
11/840.21/829.61/417.4
21/819.21/819.21/409.6
31/799.21/789.61/397.2
41/762.01/771.01/383.3
51/753.31/736.41/372.4
61/720.21/720.21/362.1

全ボーナスの合算です。

設定ボーナス合算
11/197.4
21/193.9
31/188.3
41/182.0
51/177.6
61/173.8

機械割です。技術介入の精度によって、機械割は大きく変わります。

設定機械割
196.5% ~ 103.0%
297.6% ~ 104.1%
399.1% ~ 105.5%
4101.2% ~ 107.4%
5102.8% ~ 109.0%
6103.9% ~ 110.0%

機械割の最低ラインの算出条件は、以下の通りのようです。

1.技術介入の精度は50%
2.一枚役は75%取得
3.スイカは90%取得
4.ボーナスの成立から入賞まで3ゲーム

こう見ると、ボーナス確率にはあまり差がないことがわかります。

この機械割を支える最も重要な要素はやはり技術介入です。小役の取得、ボーナス成立から入賞までのゲーム数、ビタ押しですね。

これが逆に、通常時左から適当押しで小役を取得せず、ボーナス確定画面まで入賞せず、ビタ押し全失敗となると機械割がどれほど下がるか分かったものではありません。

ボーナス確率詳細

ボーナス確率のうち、設定差のあるボーナスの詳細です。

単独ボーナス

設定白白赤赤白白
11/16384.01/8192.01/9362.3
21/13107.21/8192.01/9362.3
31/9362.31/8192.01/8192.0
41/8192.01/7281.81/8192.0
51/8192.01/7281.81/6553.6
61/8192.01/5957.81/5957.8

リプレイ

設定白白
11/16384.0
21/13107.2
31/10922.7
41/7281.8
51/7281.8
61/6553.6

共通ベル

設定赤赤白白
11/5041.21/4369.1
21/4681.11/4369.1
31/4369.11/4096.0
41/3640.91/3640.9
51/3640.91/3276.8
61/3640.91/3276.8

スイカ

設定白同色赤赤
11/16384.01/10922.7
21/16384.01/9362.3
31/16384.01/8192.0
41/16384.01/8192.0
51/13107.21/7281.8
61/10922.71/6553.6

一枚役A (BAR・オレンジ・オレンジ)

設定赤同色白白
11/16384.01/4096.0
21/16384.01/3855.1
31/16384.01/3640.9
41/16384.01/3640.9
51/13107.21/3640.9
61/10922.71/3449.3

確定役

設定赤赤
11/16384.0
21/13107.2
31/9362.3
41/7281.8
51/6553.6
61/5957.8

設定差のあるボーナスの合算

設定設定差あるボナ合算
11/771.0
21/720.2
31/648.9
41/580.0
51/541.6
61/504.1

あまりボーナス確率に設定差のないひぐらしですが、設定差のあるボーナスを合算するとこんな感じになります。

設定差のあるボーナスと言っても、設定差の大きい小さいはあります。

一枚役Aに至っては、ART中だと見抜けないこともあります。BもCも契機確認時に紫に光りますからね。

この中で特に重要そうなボーナスは、以下の通りです。

 単独+白白 … 約2倍の差
 リプレイ+白白 … 約2.5倍の差
 確定役 … 約2.75倍の差

特に設定差の大きいこの三つを合算した場合、設定差は以下の通りです。

設定3つの特定ボナ合算
11/5461.3
21/4369.1
31/3276.8
41/2520.6
51/2427.2
61/2259.9

これだったらまだ参考に出来そうな感じがしますね。

それから、確定役当選の場合は赤赤白が確定します。通常時に確定役出てきた場合、すぐ狙えるのでわずかでも機械割アップにつながるのはうれしいところです。

通常時・ART中小役確率

まずは設定差のない小役確率です。

小役設定1~6
2択ベルA1/9.8
2択ベルB1/9.8
チェリー1/287.4
確定チェリー1/5461.3
1枚役B1/98.1
1枚役C1/103.0

続いて設定差のある小役です。

設定共通ベルスイカ1枚役A確定役
11/18.71/108.31/127.51/16384.0
21/17.91/107.11/126.31/13107.2
31/17.01/105.91/124.61/9362.3
41/15.91/104.91/124.11/7281.8
51/15.11/103.41/123.41/6553.6
61/14.81/100.71/122.51/5957.8

スイカと一枚役Aには申し訳程度の設定差がありますが、判別要素に使えるような差ではないので無視してかまいません。それだったらまだスイカや一枚役A重複のボーナスを数えていたほうがましです。

小役確率で大きな差があるのは共通ベルと確定役です。

確定役は一目でわかる設定差ですが、私は一番重要なのは共通ベルだと考えています。

確定役は分母が大きいため、正直設定1でも引いてしまう時は引いてしまいます。

ですが共通ベルはその出現率の高さから、サンプルが取りやすく確定役に比べれば確率も収束しやすいのです。

さらには通常時も常に出現することから、高設定のコイン持ちが良いのは明白です。

なお、計算した通常時の実質ベル確率はこのようになります。

設定実質ベル確率
11/6.43
21/6.33
31/6.22
41/6.06
51/5.94
61/5.9

詳しくは、過去に考察した記事がありますのでよろしければご覧ください。

ボーナス中小役確率

ボーナス中の小役確率にも設定差があります。

オヤシロボーナス中

設定ベルビタベルレアベル
11/1.11/9.41/198.6
21/1.11/9.41/182.0
31/1.11/9.41/168.0
41/1.11/9.41/156.0
51/1.11/9.41/136.5
61/1.11/9.41/109.2

ひぐらしボーナス中

設定ベルビタベルレアベルハズレ
11.31/5.51/198.61/34.0
21.31/5.51/198.61/31.7
31.31/5.51/198.61/29.7
41.31/5.51/198.61/27.9
51.31/5.51/198.61/26.4
61.31/5.51/198.61/25.0

ベルは通常のベルです。この時も左リール中段に白7をビタ押しすることで止まりますが、特に恩恵はありません。ですがいざビタ押しするときのために練習することが出来ます。

ビタベルは、リール上部のランプが発光して告知音が鳴るベルです。左リール中段に白7をビタ押しすることで、回避ポイント獲得と設定示唆の一枚絵を見ることが出来ます。

レアベルは、リール上部のランクが発光せずに告知音が鳴るベルです。右上がりに揃うため、告知音が聞こえてない無くても問題ありません。また、ひぐらしボーナス中は同じ告知音でハズレが出現します。

富竹ボーナス中の小役にも設定差があります。

設定ベル2択ベルBARフェイク平行BAR斜めBAR
11/1.41/3.81/68.31/133.71/780.2
21/1.41/3.81/68.31/133.71/697.2
31/1.41/3.81/68.31/133.71/630.2
41/1.41/3.81/68.31/133.71/306.2
51/1.41/3.81/68.31/133.71/237.4
61/1.41/3.81/68.31/133.71/177.1

2択ベルは、1/7.6のベルが2種類あり、合算で1/3.8になります。

設定差があるのは斜めBAR揃いのみですが、この斜めBAR揃いに大きな設定差があります。

左から押して、左リール下段にBAR(つまり中段チェリー)の形で止まるので一目でわかります。こんな感じです。

ボーナス確定画面

ボーナス確定画面にはいくつかの示唆があります。

ひぐらしボーナス以上確定

鷹野と羽入が対峙した画面。ひぐらしボーナス以上が確定します。

オヤシロボーナス確定

一見普通の確定画面に見えますが、よく見ると詩音の隣に悟史が、梨花の後ろに羽入がいます。

設定456確定

ヒロインたちの水着姿のボーナス確定画面が出れば、設定4以上確定です。

ボーナス中の設定示唆

ボーナス中も設定示唆があります。まずはBIG中の一枚絵です。

一枚絵のうち、キャラクターが一人だけ写っているものは基本的にデフォルトパターンですが、BIG中の最初のビタ押しで表示されるものに限っては、設定示唆を行っています。

1回目のキャラ示唆内容
圭一示唆なし
魅音設定2否定
沙都子設定2以上?
詩音設定1否定
レナ偶数設定示唆
梨花設定3以上?

沙都子と梨花について”?”がついていますが、現状確定かどうかはわかっていません。”濃厚”程度に考えておくのがいいかと思います。

キャラクターが2人以上写っているものは、出るタイミングに限らず設定示唆を行っています。

奇数示唆

偶数示唆

設定4以上確定

設定6確定

BIG中の告知音(リール上部のランプが発行する)発生時に、左リール中段に白7をビタ押しすると一枚絵が表示されます。

表示されたその一枚絵で設定示唆を行っています。

一人しか写っていない一枚絵はデフォルトパターンで、設定示唆はありません。

なお、リール上部のランプが発行しない告知音はハズレorレアベルなので、そもそも左リール中段に白7をビタ押ししても止まりません。

富竹ボーナス中も設定示唆があります。

銀背景(高設定示唆)

金背景(2以上確定)

金背景(4以上確定)

金背景(設定6確定)

ぱっと見ではデフォルトパターンと見分けにくいですが、銀背景というものがあります。銀背景はいろんなキャラのパターンがあり、おそらくどれも高設定示唆で、キャラごとの出現率の差というものはないと思われます。

逆に金背景は一目でわかり、キャラごとに設定差があります。

悟史、夏美は設定2以上。
羽入は設定4以上。
フレデリカは設定6確定。

[2021/3/5 追記]

BIG終了画面

カケラ回想までのゲーム数示唆以外に、オヤシロボーナスとひぐらしボーナスの終了画面で設定示唆をしていることが判明しました。

カケラ+梨花設定2以上示唆
初代パネル梨花設定2以上
桜花設定5以上
羽入設定6

具体的な数字は不明ですが、カケラ+梨花は設定1と設定2以上では倍近い設定差があるそうです。

また、カケラ+梨花は初回BIG後に出やすいという法則もあるようです。

運命分岐モード中

運命分岐モード中にも、設定差があることがわかりました。

まず、通常時のゲーム数200回転 or 400回転消化後の回避ナビポイント振り分けです。

設定30%50%70%200%
178.5%14.1%6.3%1.2%
277.3%14.5%6.6%1.6%
376.6%14.8%7.0%1.6%
475.4%15.2%7.4%2.0%
574.2%15.6%8.2%2.0%
673.0%16.0%8.6%2.3%

200%が選択された場合、ゲーム数の消化で運命分岐モードに突入したときにARTストックを2個獲得した状態から始まります。

単純に30%以外が選択された場合は高設定示唆と考えてよさそうです。初期ポイントが多いほど高設定の期待が高まります。

ただし、これは未確認情報ですが、有利区間開始時から運命分岐モード突入までの間にも、小役で回避ポイントを獲得しているのではないかと私は考えています。

なぜなら、ゲーム数で運命分岐モードに突入した際、40%から始まったことがあるからです。

なので、有利区間開始時に上記の振り分けでポイントを獲得し、運命分岐モード突入時に獲得したトータルの回避ポイントが表示される、と私は考えています。

次に、ARTレベル2のベルナビ確率です。

設定オヤシロ後ひぐらし後富竹後ART後
170.3%5.1%1.6%1.6%
271.1%5.5%2.0%2.0%
372.7%5.9%2.3%2.3%
474.2%8.6%3.9%3.9%
578.1%10.2%5.1%5.1%
680.1%12.5%5.9%5.9%

元々、中リールで中段ベル停止時、難易度低を選んだ場合75%でレベル2ベルが成立します。

ナビがなければレベル2ベルかどうかは判断できないので基本は右から押し、左で技術介入を行うことでレベル2を獲得します。

その際、運命分岐モードの突入契機で変化しますが、レベル2ベルが成立している場合にナビしてくれることがあります。そこにも設定差があることがわかりました。

この数字がレベル2ベル成立時のナビ確率なのか、レベル1ベル成立時を含んだ数字なのかは不明ですが、単純に高設定ほどナビしやすいと考えていいでしょう。

特に富竹ボーナス後やART後のナビは高設定でないとなかなか見れない数字のようです。

打ち方

長くなるので、打ち方をまとめた過去の記事をご覧ください。

にぱ~演出

※ 現状、にぱ~演出がボーナス期待度なのか設定示唆なのか判別できないため、わかり次第更新します。

まとめ

この機種、私はとても好きです。大好きです。暇さえあれば打っています。

ようやく解析が出始めて、設定の高低もだいたいわかるようになってきました。まぁ、私の行くお店には設定1しかないので確定なんて見れないんですが…。

とはいえ、どうせ設定1でしょ、なんて諦めて実は高設定でしたなんてことがないように、設定差は頭に叩き込んでおきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました