4.愛機とお別れの時! ~パチスロ機実機の処分方法~

家スロの始め方
スポンサーリンク

出会いがあれば別れもあります。それは家スロでも同じです。

お別れする理由

愛機を手放す理由はいくつかあります。

故障して遊べなくなった

パチスロ機は精密機械なので、もちろん故障はあります。
パチンコ店でも稼働停止になっている台を見たことがあると思います。あれは大体台の故障です。

レバーが反応しなくなった、ボタンが反応しなくなった、メダル投入で頻繁にエラーがでる、液晶の表示がおかしくなった、役物の動作がおかしくなったなどがよくある理由です。
筐体によっては、知識のある人は部品を買って自分で修理することもできるでしょうが、できない人がほとんどでしょう。私も出来ません。

パチスロ機を購入した中古販売サイトに送って修理してもらえたりする場合もあります。
しかし、部品の在庫がない部品自体がもう生産されていないなどの理由で修理してもらえないことのほうが多いのではないかと思います。

そうなってしまってはどうしようもありません、愛機に別れを告げる覚悟をしましょう。

隅から隅まで堪能して遊びきった

これならパチスロ機も作ったメーカーも本望でしょう。

飽きた

これも実はよくある理由です。
やはり、”投資”と”回収”がないと楽しめない人も一定数います。

パチスロ機の処分方法 -おすすめの方法-

処分の方法にもいろいろありますが、中でも私がおすすめの方法をピックアップします。

粗大ごみとして処分する

粗大ごみとして、市区町村に依頼して正しく処分してもらう方法です。
ある意味では一番間違いのない方法です。

ただしデメリットも二つあります。

一つは、お住いの地域にによっては粗大ごみとして扱えず、処分してもらえない地域もあるということです。
パチスロ機が粗大ごみとして出せるかどうか、あらかじめ市区町村に確認しておきましょう。

もう一つは、粗大ごみとして出す場合は市区町村のごみ処理場など、決められた場所まで自分で運ばなければならない点です。
家スロをすでに始めている方はご存じだと思いますが、パチスロ機はとても重いです。
シンプルなジャグラーシリーズですが30Kgほどあり、持ち運びは簡単ではありません。

知人に譲る

知人に欲しがっている人がいるのであれば、譲ってしまうのもいいでしょう。
処分の申し込み等が必要なく、ある意味一番手軽です。

パチスロを知らないけれど興味がある人がいれば、欲しいかどうか聞いてみてパチスロ仲間を増やしてみるのもいいでしょう。

中古販売サイトで回収または下取りしてもらう

私としてはこれが一番おすすめです。
パチスロ機のことはパチスロ機を取り扱っているお店に任せるのが一番だと思います。

状態によっては、次回実機購入時に処分費用が無料になる可能性もあります。

パチスロ機の処分方法 -おすすめしない方法-

オークションやフリマアプリで出品する

ヤフオクやメルカリなど、使い方や売り方を熟知している方なら、パチスロ機を出品しても問題ないでしょう。

そういうのに慣れていない方は、トラブルの原因になりかねないので、こういった精密機械の前にサイズ的にも金額的にも小さな商品で慣れてからのほうがいいと思います。

廃品回収業者に依頼する

廃品回収を行うには、各市区町村の認可が必要です。
住宅地を軽トラックで走りながら廃品回収していたり、ポストに廃品回収のチラシが入っていることもありますが、認可されていない業者であることが多いです。
(もちろんちゃんと認可を受けてやっている業者もあると思うので、依頼する前にその業者について調べてみるといいでしょう)

こういった認可を受けていない業者に依頼しないように、環境省が呼びかけています。

【環境省】廃棄物の処分に「無許可」の回収業者を利用しないでください!

回収して、お金になりそうなものだけ抜き取ったら不法に投棄するような業者もいるということですね。
その不法に投棄したものが出火したり事故の原因になるケースもあります。

まとめ

今まで楽しませてくれた愛機です、別れの時もきれいに迎えたいですね。

これまで、”家スロとは何か”から”家スロを始める準備”、”実機の購入”を経て”実機の処分方法”までを流れに沿って紹介しました。
見ていただけた方には、家スロについて必要なこと、注意しなければならないことなどがわかっていただけたかと思います。

一歩間違えると近所迷惑になりかねないものなので、独りよがりにならないように配慮しながら存分に家スロを堪能しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました